鉄分が不足してしまうと

診察

不足しがちな鉄分

鉄分は不足しがちな栄養素です。鉄の吸収率は食べた食事からは10%しか吸収されません。女性は出産や月経があるので、男性より鉄分が多く必要になり、どうしても不足しがちになってしまいます。

慢性的な出血が原因に

胃潰瘍や大腸がんなどで消化器官から慢性的に出血が起きている場合は、貧血になりやすいです。鉄欠乏性貧血の原因として最も多いので、鉄欠乏性貧血と診断された場合は、他の検査を受けた方が良いです。

症状は全身に現れる

鉄欠乏性貧血は全身が酸欠状態になるのが特徴です。通常の貧血症状に加えて爪が反り返るようになったリ、肌に潤いが無くなったりと全身に症状が現れます。

特徴的な異食症

鉄欠乏性貧血で最も特徴的なのは異食症です。カリカリと音がするものを食べたくなる衝動に加えて、絶対に食べる事のない壁紙などを食べてしまう症状が現れます。このような症状が現れたら早めの受診をしましょう。

適切で早い治療を

鉄分の不足が慢性的に起こることで鉄欠乏性貧血は発症するので、適切で早い治療を行なうように病院へ行きましょう。普段の食事から鉄分をしっかり摂り予防することが重要です。

食事と生活の習慣バランス

バランスの良い食事と生活を送ることで鉄欠乏性貧血は防ぐことができます。普段から、健康のために正しい生活を送るように心がけましょう。

鉄欠乏性貧血にならないために

鉄分を気にしてても不調を感じるのですが?

鉄分は吸収されにくい栄養素です。効率よく吸収できるようにしっかりとよく噛んで食事をとるようにしましょう。また、胃の調子が悪いと鉄分の摂取率が低下するので、規則正しい生活習慣で過ごすようにしましょう。

広告募集中