鉄不足が引き起こす症状|鉄欠乏性貧血を予防するために規則正しい生活を

体や心の不調を感じたら鉄が不足しているかもしれません

鉄不足が引き起こす症状

看護師

体の不調

鉄不足が起きると体の不調に繋がります。疲れやすい事や肩こりなど、体が重いような症状が発生するので、意識して鉄分を取るようにしましょう。

免疫力が落ちる

鉄不足が原因の鉄欠乏性貧血になると、免疫力が落ちて風邪をひきやすくなったリ食欲が低下したりします。そのため、他の病気のリスクにも繋がりやすくなります。

神経質になる

イライラすることやちょっとしたことで腹が立ってしまうことも、鉄不足によることがあります。心に異変を感じるなら、一度鉄分を補給してみましょう。

憂鬱な気分に

憂鬱な気分になったり集中力が欠けていたりする場合は、鉄分が不足しているかもしれません。食生活の見直しをしてみましょう。

鉄が不足する原因ベスト3

no.1

出血により

体内の鉄が不足する原因として最も多いのが出血です。怪我などによる出血ではなく、胃潰瘍やがん、女性なら子宮筋腫などによって少量の出血が長期的に続く場合、鉄欠乏性貧血の原因である鉄不足が起こります。

no.2

月経や分娩により

女性に起きやすい鉄が不足する原因は、月経や出産によって起こります。体外への出血によるものや、妊娠中だと胎児に鉄分が送られるため、妊娠中の女性にも鉄不足は起こりやすいです。

no.3

食習慣により

レバーや魚など、鉄分が多く含まれている食事が不足することにより鉄不足が起きます。1日に鉄分は12mg摂ることが推奨されているので、摂るようにしましょう。

広告募集中