食事で鉄分不足を補う|鉄欠乏性貧血を予防するために規則正しい生活を

食事で鉄分不足を補う

女の人

バランスの良い食事を

鉄分は食事で補うことができます。鉄欠乏性貧血を予防するには鉄分をしっかり摂る食事が必要です。成人の男性は7.5mg、女性は10.5mg毎日摂るようにしましょう。

鉄分を多く含む食品

鉄分を多く含む食事はレバーやカツオなど血を多く含む食事が最適です。また、ドライフルーツなど果物から鉄分を摂ることができます。

ビタミンCと一緒に

鉄分はビタミンCと一緒に摂ることで吸収率が上がります。たんぱく質も同じ効果があるので、しっかりと栄養バランスの良い食事を心がけましょう。

鉄欠乏性貧血のQ&A

どんな病気?

鉄欠乏性貧血は様々ある貧血の中で最も患者数が多いと言われている貧血です。鉄で構成されるヘモグロビンが低下することにより起きる貧血を鉄欠乏性貧血といいます。

鉄不足の原因は?

体内の鉄は汗や尿、排便や月経によって失われます。その失った鉄分は食事によって補われます。この需要による供給が不足した時に鉄不足が起こります。

摂取した鉄はどうなるの?

食事で摂取した鉄は10%ほど体内に吸収されます。その鉄分はヘモグロビンの合成や体に蓄えられて利用されます。

鉄欠乏性貧血の症状は?

体内にあるヘモグロビンは肺の酸素を全身に運ぶ役割を持っています。このヘモグロビンが低下して起こる鉄欠乏性貧血は、体に酸欠状態を起こしてしまいます。めまいや倦怠感、酸素をもっと送ろうと心臓の脈拍増加や動悸が主な症状です。

治療方法は?

薬を服用することや、静脈に注射を行なって鉄の欠乏を改善するために治療をします。そうすることで、改善されていくでしょう。

広告募集中